FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あれ?相手のほうが上手。
こんにちは。MANUのBです。
今日も友人3名の突然の呼び出しでアルテピアッツア美唄に行ってきました。

いつも喫茶店の作品展を見てくれているのに、とても感心してくれる3人。


別に、喫茶店での作品展と完成度は変わらないと思うのだけど、ギャラリーだとやはり見え方、感じ方が違うようです。


年上の友人達に褒められてちょっと嬉しかったB。


彼女らが帰った後、見学していた2人組の女性のお客さんに話しかけ、作品の説明的なことをして見ました。

自分の作品の解説はどうも恥ずかしくて苦手なのですが、なんとなく優しそうな2人組だったせいもあって、2、3分かな、話したわけです。
うまく説明できた!なんて思いながら。。



その後2人はしばらく絵を見学してくれていたようで、帰りがけに廊下で会った時、今度はあちらから声をかけてくれました。


「ありがとう、とても共感するところがあったので、感想も書かせてもらいました。」と女性。



「ありがとうございます。」とにこやかなB。




すると女性の一人が手提げから冊子を取り出し、
「あなたの考え方がこの冊子に書かれていることととても似ていると思ったので、どうぞ読んで見て。」
とBに冊子を手渡し帰って行きました。




残されたBの手にはよく家にも回ってくるとある宗教の冊子が…。





えーと?






…なんだろうね、ちょっとしたこの敗北感(°_°)



いろんな人がいろんな思いで作品を鑑賞するのはわかっていたけれど…



ここで、これ?



毎年作品展をしているけれどBも始めての経験です。


なんというか、宗教家おそるべし。 …いや、優しそうだったけれど。




Bは自分が無宗教なだけで、信じている人をけして否定しているわけではないです。

ただ、このシチュエーションでこの冊子に出会うとは!と余りに意表を付かれたので。



思わず頭をカキカキしてしまったB。



明日絶対誰かに話してスッキリしようと思います。






さて、今日はこの作品でどうでしょう。
201405021653344a5.jpg
タイトルは、「かたつむりのコレクション 1」



当然2もあります。


作品展は5月6日まで。
お近くの方は是非。



訪問ありがとうございます。





関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。